30代女性の転職が難しい理由

女性の転職において30代をむかえると理想的な転職はどうしても難しくなってきます。
難しい理由は一体なんでしょうか?

①採用基準があがる

男女共通の理由としては採用基準が上がるということ。
30を過ぎての転職活動では、これまでの職務経験で培ってきたスキルや経験値が重要視されるようになってきます。
未経験の職種に応募しても採用される可能性は低くなってしまうということですね。

②結婚や出産

また、女性特有の理由として「結婚や出産」もあげられるでしょう。
やはり採用側としても30歳を超えた女性との面接では結婚出産の可能性についてどうしても考えざるを得ません。
すでに子供がいる女性に関しても二人目の出産予定も聞かれたりします。
そして子供がいる場合、子供の病気や学校行事で有給を使い切っている場合も多く、また夜は育児もあったりして なかなか転職活動をする時間が取れないなど時間的な問題も絡んできます。


こういった理由から時間の都合がつきやすい事務職を選びたくなるのですが、それだけ他の女性も同じ事を考えているので 事務職は非常に求人倍率が高くなっています。
事務職での職務経験があったとしても中々採用は難しいでしょう。
これらの理由から30代での女性の転職は難しくなってしまうのです。